木の種類

木の種類

フィンランドではマツ、スプルース、カバノキが森林の樹木の97%を占めています。森林の半分はマツの森です。フィンランドでは全部で30種類ほどの木が自生しています。フィンランドのほとんどの森林は混合林で、1種類以上の木が自生しています。

植物地理学的には、フィンランドの大部分がタイガ(北部針葉樹林帯)に属しています。オーランド諸島と、フィンランド本土南西部のみが温暖帯の混合林に属しています。タイガでは土が酸性で栄養も乏しいため、森林の木の種類はごくわずかです。