木の大幅な利用増加が可能

木の大幅な利用増加が可能

環境保護の観点から、建築における木材の利用は大幅に増加する可能性があります。建築に木材を使っても、木が枯渇することはありません。フィンランドやヨーロッパの森林で育つ木の量は、消費量を上回っています。フィンランドでは森林の1日あたりの炭素貯蔵量は、建築用木材業界が1年間に使用する炭素量と同じ量ずつ増えています。6階建てのアパートを建てるのに使用される木材と同じ量がフィンランドの森林では30秒で増えています。