I型ビーム

I型ビーム

I型ビームとは角材と繊維板や合板のウェブ(補強板)を接着して組み立てた軽量の梁支持材です。用途は1階床、中間床、建物の屋根の構造部分、外装の壁枠などです。I型ビームは剛性、断熱性、正確な寸法測定やコスト削減が必要な場合に最適です。通常の工具で簡単に取り扱いができ、ウェブの部分に電線や空調設置用の穴を開けることができます。ただし、ビームの形状を変える際は、製造業者や設計士の指示が必要です。フランジ付きビームではグルーラムや挽き材を使った場合より資材が少ない上に同程度の耐荷重性が得られるので、価格の面でも有利です。