標準サイズ:厚さ、幅、長さ

標準サイズ:厚さ、幅、長さ

寸法とは含水率20%の挽き材の標準サイズのことです。

最も一般的な長さは、30mm刻みで2.7mから5.4mです。その他の長さや測定基準は個別に決める必要があります。厚さと幅の寸法とは、含水率20%の木材の標準サイズのことです。

木材を挽いて寸法を合わせ、全面にプレーナーをかけた標準サイズは以下の表に示しています。

最も一般的な挽き材の断面寸法

厚さ(mm

幅(mm

50

75

100

125

150

175

200

225

250

19 1)

 

 

X

O

O

 

 

 

 

22 2)

JH X

JH X

X

X

X

O

O

 

 

25 1)

O

O

X

O

O

O

O

O

 

32

 

O

X

O

O

O

O

O

 

38

 

 

X

X

O

O

O

O

 

44 2)

 

 

O

O

O

O

O

O

O

50

 

JH X

X

X

X

X

X

O

 

63

 

 

O

O

O

O

O

O

 

75

 

JH O

O

O

O

O

X

X

 

100

 

 

X

O

O

O

O

O

 

125

 

 

 

X

 

 

 

 

 

150

 

 

 

 

X

 

 

 

 

1) 主にマツ

2) 主にスプルース

JH = 後で割るため、表示されているサイズより幅が2mmほど狭くなります

x = 標準サイズ

o = 特別サイズ

最も一般的な寸法付き挽き材の断面寸法

厚さ(mm)

幅(mm)

 

48

66

73

95

98

120

123

145

148

173

198

223

248

20 1)

 

 

 

X

 

X

 

X

 

 

 

 

 

42

 

X

O

 

O

 

O

 

O

O

O

O

 

48

X

 

X

 

X

 

X

 

X

X

X

X

O

1) 細かく挽いた表面

x = 標準サイズ

o = 特別サイズ

最も一般的なプレーナー加工材の断面寸法

厚さ(mm)

幅(mm)

 

15

21

28

33

45

70

95

120

145

170

195

8

 

X

 

X

X

X

X

 

 

 

 

12

 

 

 

X

X

X

X

 

 

 

 

15 1)

X

 

 

X

X

X

X

X

X

O

 

18 2)

 

 

 

 

X

O

X

X

X

O

O

211)

 

X

 

 

X

X

X

X

X

X

X

28

 

 

X

 

X

 

X

O

O

 

 

33

 

O

 

X

X

X

X

O

O

 

 

45

 

 

 

X

X

X

X

X

X

O

X

70

 

 

 

 

 

X

 

 

O

 

O

1) 主にマツ

2) 主にスプルース

x = 標準サイズ

o = 特別サイズ