北米や日本の木材との特性の比較

北米や日本の木材との特性の比較

種類

耐圧強度

引張強度

弾性係数

破壊強度

密度

商品名/学名

木目の方向

N/mm2

木目に垂直方向

N/mm2

木目の方向

N/mm2

曲げ

N/mm2

N/mm2

N/mm2

kg/m3

フィンランド

スプルース/Pinea abies

39

5.3

116

87

10,000

6.8

470

マツ/Pinus silvestris

50

7.0

95

91

10,900

9.1

540

北米

ベイマツ/Pseudot menziessii

43

5.9

95

66

11,300

7.2

520

レッドウッド/Sequoia sempervirens

30

4.1

70

50

6,800

6.8

430

ベイツガ/Tsuga heterophylla

44

5.2

69

79

10,500

8.2

480

ピッチパイン/Pinus palustris

59

6.9

105

78

10,900

9.8

680

カラマツ/Larix decidua

50

6.5

97

90

12,500

8.2

470

日本

スギ/Cryptomeria japonica

35

 

90

65

7,500

6.0

380

ヒノキ/Chamaecyparis obtusa

40

 

120

75

9,000

7.5

440

アカマツ/Pinus densiflora

45

 

140

90

11,500

9.5

520

クロマツ/Pinus thunbergii

45

 

140

85

10,500

9.0

540

ゴヨウマツ/Pinus parviflora

35

 

80

70

7,000

8.0

450

強度と弾性の値は、含有水分量12%の傷のない試験用木材の計測値の平均です。この値は設計値ではありません。そのため、国内基準による値を使用してください。